トップ 観光マップ 中心 清眼寺

清眼寺

中心 加茂 阿波 勝北 久米
清眼寺の画像

院庄(いんのしょう)の田園地帯に静かにたたずむ清眼寺は、淳和天皇(823〜833年)のころ、弘法大師が開山したと伝わっています。
焼失後、長禄年間(1457〜1460年)に今の地に再興され、現在は毘沙門天をまつる“美作国七福神”の一つとして知られ、美作八十八ヶ所霊場の56番札所となっています。
また「ボタン寺」としてもよく知られ、毎年5月のゴールデンウィーク前後になると、手入れの行き届いた境内一帯に、およそ100種類、300株の美しいボタンの花が競うように咲いて華やぎます。
薄紅の大輪を付けた「八束獅子」や、黒い花が珍しい「黒竜錦」などどれもみごとです。
清眼寺ぼたん祭りは、4月下旬〜5月上旬に開催されます。


大きな地図で見る
  • 津山市院庄779
  • 0868-28-1237
  • 見学自由
  •  
  • 無料
  • あり
http://ww3.tiki.ne.jp/~seigenji/