トップ 観光マップ 城西地区 徳守神社

徳守神社

中心 加茂 阿波 勝北 久米
徳守神社の画像

戦国時代兵火を被り荒廃していたものを、慶長9年(1604)森忠政が津山城下の総鎮守として造営したものです。
現在の本殿は、寛文4年(1664)に森長継が再建したもので、拝殿、幣殿も同時期のものです。
市内の近世初期の神社建築として優れたものです。
徳守神社のお神輿は、津山市重要有形民族文化財。日本三大神輿の一つです。
本体部分たてよこそれぞれ170cm、屋根部分たてよこそれぞれ210cm、総高280cm。
平成10年津山市の有形民俗文化財に指定されました。


大きな地図で見る
  • 津山市宮脇町5
  • 0868-22-9532
  • 見学自由
  •  
  • 無料
  • あり
http://www.tokumori.sakura.ne.jp/
お神輿

お神輿

神輿蔵

神輿蔵