トップ 観光マップ 城東地区 城東むかし町家(旧梶村邸)

城東むかし町家(旧梶村邸)

中心 加茂 阿波 勝北 久米
城東むかし町家(旧梶村邸)の画像

今から310年前の元禄時代(江戸時代)に建てられた町家です。
この梶村家は、茂藤籐右衛門(しげとうとうえもん)が、1767年(明治4年)に津山藩から「札元」(今の銀行)を命じられ「藩札」の発行をしていました。
その前までは、吉井川を行き来していた「高瀬舟」のいろいろな品物を取り扱っていたといわれています。
この家の特徴は、広さ間口31.5m、奥行34m、1071平方メートル(約300坪)で、
主屋は江戸時代の終わりの建物です。
西側の部屋は明治時代に建てられました。北側の2階建ては、洋館も含め、大正時代に建てられました。


大きな地図で見る
  • 津山市東新町40
  • 0868-22-5791
  • 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
  • 火曜日(祝日の時は翌日)・12/29〜1/3
  • 無料
  • 城東地区観光駐車場(無料)