トップ 観光マップ 勝北 八幡神社

八幡神社

中心 加茂 阿波 勝北 久米
八幡神社の画像

山形仙のふもと、海抜355mのこの場所に新野郷(にいのごう)の総鎮守である八幡神社があります。
天平10年(738)、豊前の国(大分県)宇佐八幡宮の分霊を勧請し、上宮八幡宮と号するようになったといわれています。
明治6年社号を八幡神社と改称しました。
毎年11月3日に行われる新野まつりは、作州最大の秋祭りで地域の人々に親しまれています。
社叢は、モミが優占する密林で、ヒノキ、スギ、アカマツ、アベマキ、サクラ、モミジなどの高木層につづいて、ウラジロガシ、シラカシの亜高木層、さらにその下にヤブツバキ、ヒサカキ、アオキ、ヤブニッケイの低木層、ヤブコウジ、ヤブラン、ヤマホトトギス、ミヤマウズラ、ツルリンドウ、センボンヤリ、チゴユリなどの草木があり、津山市の天然記念物に指定されており、神聖な気配を漂わせています。


大きな地図で見る
  • 津山市新野山形
  • 0868-26-3305
  • 見学自由
  •  
  • 無料
  • なし