トップ 観光マップ 勝北 新善光寺

新善光寺

中心 加茂 阿波 勝北 久米
新善光寺の画像

金森山新善光寺の開基は、天長8年(831)、弘法大師が安芸厳島より東上の途次、この地に足を留められたときに山の森 陰の池より突如明星が出現し森を金色に染めたので、当地を「金森山」と名づけ、大師自ら多聞天持国天の像を刻んで安置されたと、当山縁起に伝えられています。
また、鎌倉時代の遊行聖で時宗の開祖一遍上人の遍歴の生涯を描いた絵巻物「一遍聖絵」の中の、 第八美作一宮中山神社の絵巻の詞書の一節に「それ(註・一の宮)をたちて、かなもりと申所におはしたりけるに…」と記されてある「かなもり」とは 金森山を指すものです。
新善光寺という寺名は、南北朝時代の永徳2年(1382)の秋、今井兵庫助入道兼重という土豪が、信州善光寺の脇立本尊 である阿弥陀如来を勧請し、塔堂を造営してこれを本尊としたことによるものです。


大きな地図で見る
  • 津山市中村393
  • 0868-29-1040
  • 見学自由
  •  
  • 無料
  • あり