トップ 津山よりみちガイド 津山で時代を体験コース

津山で時代を体験コース:津山の古代からの時代を見るコース
作楽神社

後醍醐天皇が隠岐に流される途中、この館に宿りになり、児島高徳という武士が館の庭の桜の幹を削って十字の漢詩を書き、天皇をお慰めしたという故事により、明治2年に創建されました。

中山神社

美作国の一宮。
建築様式は「中山造り」といわれ、美作地方における神社建築の主流となっています。尼子晴久によってつくられたもので本殿は木造建築物として市内で最古のものです。

沼弥生住居跡

弥生時代中期の農耕社会の堅穴式住居と高床式倉庫などが復元され古代の暮らしを見ることができます。

弥生の里文化財センター

遺跡から出土した土器や石器を展示しています。

衆楽園

近世池泉回遊式の大名庭園。美しい四季の表情を魅せます。

津山郷土博物館

旧津山市役所の建物を活用した博物館。東京スカイツリーにも複製が展示される「江戸一目図屏風」をはじめ、津山市の郷土資料が所蔵されています。

作州民芸館

大正9年に土居銀行として建立された大正ロマンを感じる建物。
中には作州地方の民芸品や郷土玩具が展示されています。

城東町並み保存地区

城下町津山の風情を色濃く残す地区。地区内には箕作阮甫旧宅や城東むかし町家、作州城東屋敷など見所がたくさん。

みどころ 古代から江戸時代まで、津山の歴史を学べます。津山を深く知ることが出来ます。