トップ 名物・特産品

農作物 牛肉料理 グルメ 工芸品
竹工芸
中国地方山間部で飼育され、力強く知性に富んだ和牛が出稼ぎに行く姿を、竹細工で表現したものです。
単純なつくりが美しく、竹材の特質がよく生かされています。
昭和60年には、年賀切手のデザインに採用されました。
※岡山県観光物産センター等県南部では、
「吉備牛(きびうし)」の名称で販売中。
作州絣
美作地方では、明治の初期から中期に倉吉絣の指導を受けて絵絣が入り、横絣の入った絵絣の絣織物が盛んになりました。時代の流れの中、他地方から種々の衣料が入るようになり、僅かに技術を伝える程度でしたが第二次大戦後の昭和26年(1951)、津山市の産業を振興するために以前盛んに作られていた絣に注目し、昭和28年から絣織物の研究を経て「作州絣」として市販されました。昭和56年に岡山県郷土伝統的工芸品に指定されています。
絣本来の素朴さを失わせないため白と紺という絣誕生当初の姿を基本としており「地色」「図柄」に近代感覚を取り入れて、他の絣織物には見られない素朴さの中にも近代性のある特徴を持っています。
横野和紙
津山市横野地区で作られている手漉き和紙は、薄くかさばらず、表面がなめらかで、金箔を傷つけることがないため、箔合紙としては、日本一と言われています。
岡山県北・美作地方は、三椏(みつまた)の一大産地であり、紙幣の原料にもなっている「局納ミツマタ」は、財務省印刷局に納品されていることから、こう呼ばれています。
箔合紙は、この三椏を原料とした高級和紙です。
やや赤みを帯びて光沢があり、金箔や銀箔を挟む箔合紙として、京都や金沢の金箔工芸家には欠かせないものとなっています。
昭和56年1月、岡山県伝統的工芸品に指定されました。
近年、和紙愛好家から、日常生活に潤いを持たせる家庭用の和紙製品を作ってほしいという要望に応え、日常生活用の和紙(横野和紙)も製作され人気を得ています。