トップ ファンタスティック津山 陶芸の里で陶芸体験。自分だけの器づくり。

突撃体験レポート ファンタスティック津山 陶芸の里で陶芸体験。自分だけの器づくり。

勝北町陶芸の里のある勝北杉宮は、陶芸に適した土が豊富に出る地域で、備前焼作家の山本雄一先生(岡山県重要無形文化財保持者)をお迎えし、専任の指導員を置いて作品作りの指導を行っています。
ここの焼き物は、山本先生のお名前にあやかって、登り窯を「陶雄窯」、作品を「雄杉焼(ゆうさんやき)」としています。
子どもからお年寄りまで、幅広く陶芸に親しんでいただける場所です。今回はその勝北町陶芸の里で電動ろくろを使った陶芸の体験を行いました。
勝北 勝北町陶芸の里

勝北にある「勝北町陶芸の里」で陶芸体験!
実はエミー、陶芸に興味があるようで朝から大はしゃぎ!

エプロン着用

粘土を扱う前にまずはエプロンをお借りして着用します。

器の形成方法

代表の花岡さんに「ろくろ」を使った器の形成の方法を、土の練り方から教えていただきます。

芯出し

芯出しという作業。これが見た目以上に難しい…

制作開始

早速エミーも粘土を受け取り制作開始!

粘土を固定

ろくろに粘土を固定して、芯出しから始めていきます。

花岡さんの指導

花岡さんの丁寧な指導を受けつつ少しずつ形にしていきます。

飲み込みの早いエミー

飲み込みの早いエミー。ちゃんと器になっています!

作品完成

ろくろに向かうこと約30分。一つ目の作品が完成!

夢中のエミー

陶芸に夢中になってしまったエミー。続けて次の制作に入ります。

熱中

熱中すること約3時間半で4つの作品ができました。
作り始めると時間を忘れてしまうほど無心になってしまいました。

取っ手づけ

作った器に取っ手を付けてみました。
器と取っ手に傷をつけてドロドロになった粘土をつけて接着します。

渾身の作品

渾身の作品がこちら!焼けたらどんな器になるかな?

登り窯

工房の裏手には「登り窯」があり、年に1回程度はこの窯を使い工房を訪れた人や、会員さんの作品を焼いています。
この日はたまたまその「登り窯」を焚いていたので見せていただきました。

窯の煙突からは黒い煙が上がっていました。窯のある建物の中は非常に温度が高く、少しいるだけで汗ばむほど。薪を入れる時に中の様子を一瞬だけ見せていただいたら、真っ赤になったたくさんの器が見えました。これがどのように焼きあがるのでしょうか。
登り窯は花岡さんや、会員の方が24時間体制で薪をくべて温度を調整しつつ、12日間かけて焼き上げます。この日は11日目でかなりピークの時間帯で温度の管理も神経を使っているようでした。「炭入れ」という作業も見せていただきました。窯の左右の穴から炭を入れ、還元状態にする作業。1,000度以上ある窯に炭を入れる作業は凄まじく、離れて見ていても汗が流れ出るほどでした。 素敵な器

完成した作品と一緒に記念写真!

完成作品

制作した作品は、約2〜3ヶ月程度で焼成していただけます。そして完成した作品はこちら。

[陶芸体験]
<ご利用案内>

休館日/毎週月曜日、年末年始

利用料金/*施設利用料  津山市民610円、市外の方1,230円

*粘土・焼きあげ 登り窯 粘土600g 1,850円

電気窯 粘土600g  920円

初めての方でも土練りから電動ろくろで芯とり・制作を丁寧に教えてもらえます。
無心で土に向かい、手の感触で土の芯が真中に来るように導くのがコツのようです。
「形にしよう!」と思うと、土が自然に動くのを待てず手の動きが早くなり、粘土がコネコネ、クネクネとなり「あれよ、あれよ」となってしまいます。
時間のある時に何もかも忘れて無心にろくろに向かうと、ストレス解消になるのではないでしょうか。
エミー

[レポーター]

エミー

出身/アメリカ

 

[体験者]

エミー

出身/アメリカ

体験レポート
10月22日に陶芸をしに行きました。私は陶芸がすごく大好きです。
9年前にも一度作りましたが、今回も緊張しました。
でも先生が作り方を丁寧に教えてくれたので理解をして作ることができました。
形を作るのに何回も失敗しましたけど、最後まで諦めずに作りました。
難しかったのは電動ろくろの使い方です。ろくろの真中に土を置いて形を整えました。形は完璧な丸じゃないけど、良くできたと思います!
そして最終的に6個の皿とカップが出来ました。うれしかったです。感動しました!いい経験ができました。
陶芸は厳しいです。長時間同じ姿勢だったせいか次の日、筋肉痛になってしまいました。休憩は忘れないで下さいね!時々、休みながら作ったほうが良かったなと思います。
今回は、5時間ぐらいそこにいましいた。ゆっくりと作れば、きっと皆さんにもできます。ぜひ作りに行ってみて下さい。絶対に楽しいと思いますよ!
でも作り始めると、一日かかってしまいますから、そのつもりで行ってくださいね。きっといい時間を過ごせますよ!

大きな地図で見る

勝北町陶芸の里

  • 津山市杉宮708
  • 0868-29-4010
[  レポーター プロフィールはこちら ] [ 突撃!体験レポート一覧はこちら ]