トップ ファンタスティック津山 津山で世界の生き物に出会う!つやま自然のふしぎ館へ!

突撃体験レポート ファンタスティック津山 津山で世界の生き物に出会う!つやま自然のふしぎ館へ!

「つやま自然の不思議館」 は、創設者が収集した動物の剥製、化石・蝶・貝の標本など、とても貴重なものが展示されていると聞いた芸は、初めて 「つやま自然の不思議館」 に行きました。
芸を迎えてくれたのは……。
そして、この博物館を見た芸はどう感じたでしょう?
つやま自然のふしぎ館

津山観光センターの真横に位置する、「つやま自然の不思議館」へ行ってきました。ふしぎ館には珍しい動物や化石、貝、昆虫などの標本がたくさん展示されています。その数なんと常時22,000点以上!

ホッキョクグマの子ども

入ってすぐに出迎えてくれるのは、ホッキョクグマの子ども。なんとこのホッキョクグマに直接触れても良いのです。

キンシコウ

こちらは、孫悟空のモデルになったキンシコウ。
毛並みまでハッキリ見ることができます。

貝の展示室

ここは世界と日本の珍しい貝の展示室。
不思議な形や、面白い色をした貝がたくさんあります。

1200点の珍しい貝

貝だけでも約1200点展示されています。

昆虫の標本

もの凄い数の昆虫の標本にビックリして思わず写真をパシャリ。ふしぎ館では写真を撮っても良いのです。

珍しい昆虫

日本ではなかなか見ることができない昆虫もたくさん。

動物展示

右も左も動物だらけ。

虎

凄い迫力!噛み付かれそうです。

貸し靴はフィギュアとホッケーの2種類から選べます。 ホッキョクグマ

こちらも、なかなかの迫力。陸上の肉食動物の中では最大。体長が3.2mもあるホッキョクグマ。入り口にいた子グマが、こんなにも大きくなるのです!

フリーノート 感想中

たくさんの動物を見た後は、フリーノートに感想を書いて思い出を残しましょう。

つやま自然のふしぎ館の展示品を一部だけですがご紹介いたします!
津山観光センターの北側、津山城跡の入り口に位置する「つやま自然のふしぎ館」は、1963年11月「津山科学教育博物館」として開館しました。
建物は昔の高等学校を改装したもので、一歩中に入ると歴史ある建物と展示物とが調和し、風情を感じます。
「つやま自然のふしぎ館」には世界の多くの動物の剥製が展示されています。
「ワシントン条約」の発効以前に収集されたため、世界各地から剥製類を収集することができていました。
剥製以外には世界各地の蝶、昆虫類、貝類、日本各地の鉱石類、美作地方で発掘された化石類などがあり、展示総数は22,000点におよびます。
また展示物の中には、創設者の遺言により本人の臓器がそのまま展示されています。
その他にも他では見ることのできない人体の標本類が展示されており、大変貴重な博物館となっています。
芸

[レポーター]

出身/中国

 

[体験者]

出身/中国

 

体験レポート
名前を聞いた時は、「何がふしぎなの?」と疑っていました。
でも、館内を一周回ってきたら、そんなことを言っていたことは忘れていて、思わず「すごい!」と言っていました。
小さい昆虫類から巨大な動物。東南アジアから南米大陸の動物。かわいらしい世界、日本の貝、世界の猛獣類など、展示総数は約20,000点以上だそうです。
入り口にいたシロクマも大きかったけど、中にいた大人のシロクマの大きさには本当に驚きました。
名前以上に「ふしぎ」で「おどろき」が一杯の場所でした!
そして、中では自由に写真が撮れて、すごく良い思い出ができました。
一度行ってみてください!

大きな地図で見る

つやま自然のふしぎ館

  • 津山市山下98-1(鶴山公園正面入口)
  • 0868-22-3518
[  レポーター プロフィールはこちら ] [ 突撃!体験レポート一覧はこちら ]