トップ ファンタスティック津山 気分は江戸!? 津山城東むかし町

突撃体験レポート ファンタスティック津山 気分は江戸!? 津山城東むかし町

城東の古い町並みが、時代行列、オリエンテーリング、むかし町うまいもん屋台などで賑わう 「出雲街道 津山城東むかし町」 。
このイベント一番の見どころ 「時代行列」 には外国人枠があり、本格的な江戸時代の衣装でパレードに参加できるのですが、着付けが朝5時半ごろからと聞き二人とも断念!
一般客として行ってきました。
津山城東むかし町

江戸時代にタイムスリップした様な城東のまちを再現するイベント「津山城東むかし町」へ来ました!

オープニングイベント

オープニングの口上で、イベントの始まり始まり〜!

スタンプラリー

入り口の関所でスタンプラリーの用紙をもらったエミーと芸。これも完成させるぞ!

綿菓子

会場に入っていきなり綿菓子を50文で買うエミー。会場内では金額は「文」で書かれていますが現在の「円」で買うことができます!

綿菓子でエネルギー補充

これでエネルギー補充もばっちり!楽しむぞ!

時代行列

オープニングのセレモニーが終わると西から東へと江戸時代の格好に身を包んだ一行が行列を作ります。本格的な衣装でびっくり!

スタンプラリー

町並みを歩いているとチェックポイントを発見!早速スタンプを押してもらいます。

着物姿で撮影 気分は江戸時代

顔を出して写真を撮るスポットを発見!2人もすかさず顔をだしてパシャリ!

  お姫様と記念撮影

行列を終えたお姫様たちと遭遇!またまた記念撮影!

お殿様と記念撮影

中心のエリアにはお殿様も!エミーは刀を持って撮りたいとお願いをして刀を貸してもらいました。

エミーに異変が

チェックポイントも着実にクリア!あともう少し。
しかしエミーの様子が!?

お腹すいた

はしゃぎすぎてしまって疲れ気味な2人。
『お腹すいたなぁ〜』

桜さば寿司、津山バーガー

ということで、ここでお昼ご飯に。
津山名物"桜さば寿司"、"津山バーガー"とうどんで腹ごしらえ!

スタンプラリー再開

昼食を終え、復活した2人。
スタンプラリーもあと一カ所!もうちょっと!

記念品

7カ所のチェックポイントを回って記念品をもらいました!あれ?スタンプの順番が何か変じゃない?
『城東「かむし」町になっちゃった…』

ご褒美はお団子

スタンプラリーを頑張った自分へのご褒美は"お団子"。いっぱい歩いて、いっぱい食べた〜!

国道53号から数十メートル北側に、旧出雲街道に沿って白壁や格子窓が美しい静かな町家が続く城東地区があります。
この地域は森氏が、城の東に武家屋敷、町人町、その周囲に寺社を設けた町並みで、敵の侵入を防ぐ鍵形の街路「大曲と荒神曲」や、南北に走る13の小路が当時のまま残っています。
町並み保存地区には、洋学資料館・和蘭堂をはじめ、むかし町家、箕作阮甫旧宅などがあります。
毎年11月第1日曜日に「出雲街道 津山城東むかし町」のイベントが開催され、秋の1日、江戸時代にタイムスリップした異次元空間を楽しむことができます。
芸

[レポーター]

出身/中国

 

[体験者]

エミー

出身/アメリカ

 

出身/中国

 

体験レポート
会場に入ったとき、目に入ったのは侍、お姫様、殿様。
ここは本当に津山ですか?と疑っちゃいました。
町中で侍は刀を持って厳しい表情で歩いていますが、腕時計を着けていました…。
お姫様も焼そばの屋台の前で、携帯で何かを見ていました…。
もっとびっくりしたのは、殿さまは缶ビールを飲んでいました…。
これを見たら2011年だ!とほっとしました。
子供のように喜んでスタンプラリーをやりました。
最初から最後まで歩いて、それぞれのスタンプを押してもらい、賞品をゲットしました。
私の子ども時代ではこのようなスタンプを集めることがなかったので、とても楽しかったです。
でも、ちゃんと地図を確認しながら移動しないと、何回も往復しないといけないようになってしまいます。
お祭りのもう一つ楽しみは屋台です。
私たちはうどん、津山バーガー(江戸時代ではバーガーはなかったですね…)、桜さば寿司などたくさん食べ、最後に大好きな団子でおしまい。
着物を着ているお姉さんがお団子とお茶を持ってきてくれました。
その隣で侍が「ぜんざい、お団子いかがですか?」と通り客に声をかけていました。
江戸時代と現代の混ざった雰囲気が楽しいイベントでした。

大きな地図で見る

城東むかし町実行委員会

  • 津山市林田町46-1
  • 0868-24-4846
[  レポーター プロフィールはこちら ] [ 突撃!体験レポート一覧はこちら ]