トップ ファンタスティック津山 夏の涼を求め、横野の滝で そうめん流し

突撃体験レポート ファンタスティック津山 夏の涼を求め、横野の滝で そうめん流し

横野名物 「そうめん流し」 にチャレンジしました。“流れてくるそうめんを食べる” という体験は初めてのエミー。
少し甘めの麺つゆがたっぷり入った器に、ネギ、大葉、シソの実、山椒の実など、好みの薬味をたっぷり入れて、そうめんが竹の樋 (とい) を流れてくるのを待ちます。
竹の樋を流れるそうめんを箸ですくって食べるのですが、次々とやってくるそうめんをすくうのは、なかなか忙しい!数人で待ち構えていても、樋の後尾に置いてあるザルに取り損ねたそうめんがドッサリ溜まります。エミーもうまく食べられたかな?
紅葉亭

今回は上横野にある「横野の滝・二の滝」に隣接する「紅葉亭」でそうめん流しを体験してきました。「紅葉亭」の目の前には岡山県銘木百選に選ばれている樹齢400 年の木と水車がお出迎え。

紅葉亭のお食事メニュー

こちらがメニュー。名物そうめん流し、ジンギスカン、ぜんざいなどがあります。

そうめん用レーン

注文が済むと流しそうめんのレーンに案内してもらえます。レーンは全部で6レーンあります。

そうめん流し

早速そうめん流しを注文!奥の小さな窓からそうめんが流れてきます。エミーも頑張って挑戦!

そうめん

流れてくるそうめんを箸ですくいます。これがなかなか難しい…

そうめんのお味は? 流れていってそうめんは?

すくえず流れていってしまったそうめんは、ざるで受けているから大丈夫。後からゆっくりすくって食べられます。

エミーも上手にすくえました!
さてそのお味は?

 
焼餅の入ったぜんざい

そうめんの後は大きな焼餅の入ったぜんざいはいかがですか?

エミーも大満足

ボリューム満点でエミーも大満足!ぜんざいは餅を焼いたりと準備に約20分かかります。注文はお早めに。

ジンギスカンが食べれる建物

こちらがジンギスカンができる建物。そうめん流しの建物の向かいにあります。

津山市の北端にある「横野の滝」は、市街地から約16km北の横野川上流の原生林の中にあります。
一の滝、二の滝、三の滝の3つの滝を総称して「横野の滝」と言い、それぞれの滝には滝壺があります。
滝壺には竜神が住むと言われ、二の滝の脇には竜王神を祀る"ほこら"があり、社務所が設けられています。
横野の滝は春の新緑、夏の涼、秋の紅葉、冬の雪と氷など、四季折々の変化が楽しめる、県北の都市部周辺において貴重な自然ゾーンです。
二の滝近くにある茶屋(紅葉亭)は、4月29日の「横野滝開き」から11月まで店を開けており、そうめん流しやジンギスカンを楽しむことができます。
自然を楽しみ、名物を味わいに、市内外から毎年多くの人が訪れています。

 

■お問い合せ先:もみじ亭
〒708-0801 岡山県津山市上横野 TEL:0868-27-2644
[交通アクセス]
※自家用車:中国自動車道院庄I.C.より約40分 中国自動車道津山I.C.より約45分
※JR・バス:JR津山線津山駅からバス約30分 上横野下車徒歩40分
※駐車場:無料駐車場有り(二の滝付近に30台)

エミー

[レポーター]

エミー

出身/アメリカ

 

[体験者]

エミー

出身/アメリカ

 

体験レポート
横野の滝の側でそうめんを食べました。
山の中にあって、自然がとても綺麗でした。滝もすごく美しかったです。
「流しそうめん」というもので、そうめんが竹の中を流れてくる不思議な食べ物でした。
こんな食べ方をするものは初めて見ました。
面白い食べ物だと思いました。
そうめんと一緒に「ぜんざい」も食べました。
甘いスープにとっても大きなお餅が入ったものでした。
そうめんを食べた後の甘いものはすごく美味しかったです。
自然の中で食べるそうめんとぜんざいはすごく美味しい。
ぜひ食べに行ってみてください。

大きな地図で見る

もみじ亭

  • 津山市上横野2135-1
  • 0868-27-2644
[  レポーター プロフィールはこちら ] [ 突撃!体験レポート一覧はこちら ]